Profile

Join date: Jun 19, 2022

About

【THE MATCH】地上波放送実現の“立役者”は会見不参加 理由は妻との「ザマッチ」危惧

PPV中継のABEMAが19時前のチケット購入とアクセスを呼び掛け「類を見ないスピードでチケットが購入されている」【THE MATCH 2022】


🔴Go'Live 🔴👉 ザマッチ2022ライブ


🔴Go'Live 🔴👉 天心vs武尊ライブ


🔴Go'Live 🔴👉 那須川天心VS武尊ライブ


2022」(ABEMAで全試合独占生中継)が19日に東京ドームで開催される。前日となる18日には都内ホテルで公式会見が行われ、公式ドキュメンタリー番組が7月24日にTOKYO MXのゴールデンタイムで放送されることが発表された。地上波放送の立役者ともいえるYogiboの木村誠司社長はa、会見に参加しなかった理由を自身のツイッターで明かしている。


【写真】バチバチの緊張感に包まれた“20秒間”…那須川天心が武尊をにらみつけた実際の瞬間


 木村社長は18日の会見前に「本日の記者会見、凄く悩んだのですが私は参加しません。発表は榊原CEOで私から特にお話しする事は無く、実は先約でカミさんの誕生日デートが入っておりました。本当に直前で冠協賛を決めた証とも言えます。もしこれを中止すればこちらもザマッチが始まる可能性がありますのでどうぞお許し下さい」と意外な理由をつづった。


 今大会は、当初フジテレビが生中継を予定していたが、5月31日に「主催者側との契約に至らず」という理由で撤退。地上波生放送がなくなっていた。しかし、12日に“電撃”で冠スポンサーに名乗りを上げた木村社長が13日にツイッターで「私はまだ地上波放送を諦めきれません。カッコよく英断できるTV局は無いものか。もしそんなクールな局があればファンも感激ですし我々も今後のCM配信で感謝を表したい」と思いを吐露。地上波復活に尽力していた。


 そして17日には「力及ばず、地上波での生放送は頓挫しました。9割方実現可能でしたが最後に意見不一致があったそうです。大イベントなので様々な立場があります」と地上波放送が実現できなかったことを報告。しかし「皆様と動いた結果『朗報』もございます。明日の記者会見で発表されます。皆様と勝ち取りました。是非会見をご期待ください」とツイートしていた。


 この投稿にフォロワーからは「そちらのザマッチは敗北したらたまったもんじゃないですもんね笑」「素敵ですね」「デート楽しんでください!」「行ってらっしゃい!!」「本当のオープニングマッチ始まりそうだ」「こちらのザマッチは地上波で」などといったコメントが寄せられ、地上波消滅に意気消沈した格闘技ファンの顔にも笑顔が戻ったようだった。


「THE MATCH 2022」(6月19日、東京・東京ドーム)の前日会見が6月18日、都内で開催された。


 PPVで全試合を生中継するABEMAの株式会社サイバーエージェント執行役員の藤井琢倫氏が登壇し、視聴者にアクセスが集中することが予想される19時前のチケットの購入と視聴ページへのアクセスを呼びかけた。


 藤井氏は「独占で生中継することになりPPVでも類を見ないほどのスピードでチケットが購入されている。今回のPPVが日本の歴史に残る記録になることは間違いないと思っている。安定した配信のため万全の準備をしているが、6月19日は想定しない数の視聴者がアクセスることが想定され、特に明日の夜7時以降はアクセスが集中することが予想される。混雑を回避するため明日は夜7時前にチケットの購入を済ませ視聴ページにアクセスするようお願いしたい」と語った。


意外な形での〝地上波復活〟となった。立ち技メガイベント「THE MATCH 2022」(19日、東京ドーム)の前日会見が都内のホテルで行われ、大会の様子がスポーツドキュメンタリーとして7月24日に「TOKYO MX」で放送されることが発表された。


 当初、同大会はメインの「キック頂上決戦」那須川天心VS武尊を中心にフジテレビで生中継される予定だった。しかし先月31日「主催者側との契約に至らず、フジテレビで放送しないことが決まりましたので、ここにお知らせします」と突如放送の見送りを決定される。


 これを受けて榊原実行委員は改めて「フジテレビさんが放送を辞退するとなった時は青天のへきれきで、選手の皆さんとファンの皆さんに申し訳ないという思いでした」と謝罪。しかし「今思う気持ちは、捨てる神あれば拾う神あり」と続けた。


 フジによる中継見送り決定後「一矢報いたいと全力で動きました。ただ一人で動くことには限界があって」と、各関係者や冠スポンサーになったyogiboの木村誠司CEOなど関係者の協力を得つつ模索を続けたと告白。その結果、7月24日にバックステージの様子なども含めたスポーツドキュメンタリー番組をTOKYO MXで放送することが決まったと発表した。


 番組内容は自身がCEOを務めるRIZINが公式ユーチューブチャンネルで公開している「RIZIN CONFESSION」のようなものになると言い、三重テレビでの放送も決定。榊原委員は「これから地方局は、キー局から送られたものを放送している時代じゃない。放送したい局の方は声をかけてください」とさらなる放送の拡大を呼びかけると「新しいスポーツの放送のあり方に一席を投じる形がつくれたらと思います」と意気込んだ。


日本格闘技界の“世紀の一戦“「THE MATCH 2022」(19日・東京ドーム)の前日計量及び記者会見が18日、都内のホテルで行われRISE世界フェザー級王者、那須川天心(23)が57.95キロ、K-1 のスーパーフェザー級王者、武尊(30)が58.0キロで両者共に一発でリミットの58キロをクリアした。試合3時間前の当日計量での体重戻し「4キロ以内」をクリアして両者が対峙することとなる。武尊は、過去に天心を倒したことのあるプロボクシングの無敗の元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー・ジュニア(45、米国)の戦いを参考に秘策を練り、一方の天心は、この試合後に転向するボクシング練習を封印してキックボクサーの戦いに回帰。「勝利イメージが見える」という。ブックメーカーのオッズは、天心が1.67倍、武尊が2.10倍で天心が有利。果たして…勝つのはどっちだ?


チケットは完売。PPVは日本の歴史に残る契約件数に

 武尊は待機中にネックレスを外した。1グラムでも軽くしたかったのだろう。究極まで削ぎ落した肉体の腹筋は、見事に8つに割れていたが、その腹部は、まるで女性モデルのように薄かった。リミットきっちりの58キロで計量をクリアした武尊は、すぐに経口補水液を手にして乾ききった肉体に水分を入れた。一方の天心はリミットを50グラムアンダー。余裕のある肉体の仕上げ。席に戻ると、オープニングマッチに出場する弟の龍心の隣でスマホをチェックしていた。

 フェイスオフは約20秒。2人は握手をしなかった。

「前に会見で会ったときより研ぎ澄まされている感じがした」

 武尊がそう印象を語ると、天心は、その時の気持ちをこう吐露した。

「やってやるぞ、という気持ちと、相手への感謝、キックボクシングへの感謝」

計量後に、主催者、出場全選手の会見が5部に分けて行われた。

「人生のすべてをぶつけて必ず勝つ。もう言葉を何も言わなくてもいい。最高の相手と最高の舞台で最高の試合ができる。天心の存在が(心を)突き動かしてくれた。その感謝も込めて戦いたい」

 チャコールグレーのスリーピースで決め、赤いネクタイを締めて、先に会見した武尊は、質疑応答の間に3度、「必ず勝つ」と繰り返し、天心の会見を見ることなく会場を去った。

 天心は「白黒をつける」という意味を込めて、モノトーンのチェック柄のジャケットに黒のネクタイ。

「やるべきことをすべてやった。キックボクシング人生でやってきたことをすべて出し切ってしっかりと勝ちたい。久しぶりに会う人が増えたり、漫画でいう最終回、最後の敵と戦う前。それが明日」

 この試合を最後にボクシングに転向する天心にとってキックの卒業試合。会見が終わると長い時間、メディアの撮影に応じていた。

 

 イベント規模は空前絶後のものになる。300万円のリングサイド席も含めチケットは完売。大会実行委員の榊原信行氏によると「6万人弱。実数では(東京ドームの観客動員)レコードを抜く」という。過去最高動員は、2002年12月に行われたK-1 WORLD GRAND PRIX 2002 の7万4500人だが、現在のような正確なカウントがなされていない時代の記録。また地上波のフジテレビが放映を見送ったことで独占配信となったABEMAのPPVにも申し込みが殺到。大会開始時間も繰り上げられ大会グッズも先行販売では完売。東京ドームの場外のグッズ売り場は午前8時半から販売開始される。

 また地上波撤退を受けて急遽、冠スポンサーとなった「Yogibo」の協力で7月24日に東京MXテレビのゴールデン枠で、試合映像だけでなく今大会の表裏を網羅したドキュメント番組が放送されることも発表された。

 その舞台でキック界最強を名乗ることができるのは武尊か、天心か。

大手ブックメーカー「ウィリアムヒル」は天心勝利が1.67倍、武尊勝利が2.10倍で天心有利のオッズをつけている。様々な格闘家やOBや著名人がYoutubeやSNSで試合結果を予想しているが、ここでは直前になって発表された「THE MATCH」特別キックボクシングルールを含めたルールから検証してみた。


そして那須川天心vs武尊「THE MATCH 2022」のライブ視聴には「ABEMAプレミアム」への登録がおすすめです!


その理由は、


・14日間の無料期間があり、その間なら月額料金が無料

・ABEMAプレミアムならチケットが最大20%OFF

・特典満載の「応援チケット」も購入可能!

・那須川天心vs武尊「THE MATCH 2022」の見逃し配信もあり

など、「THE MATCH 2022」のライブ配信視聴に嬉しい特典が満載だから

そこでここからは、那須川天心vs武尊「THE MATCH 2022」のライブ配信を実際にABEMAプレミアムで視聴する方法を、詳しくご紹介します。tysrtrtasertaer

【!!ABEMA((ライブ))PPV】ザマッチ2022生中継ザマッチ2022年6月19日

More actions